BLOG

グッドホームかごしま グッドホームかごしま

大寒波到来!お住まいの凍結対策

大寒波到来!お住まいの凍結対策

水道管、給湯器の凍結は大丈夫ですか?

むてんかびとの皆様こんにちは!
突然ですが、来週到来する今シーズン最強寒波へ備えて、住宅設備等の故障や不具合の予防・対策について緊急のお知らせです。

季節は冬、毎日寒い日が続きますが、1月20日は二十四節気では「大寒」となり、1年で一番寒さが厳しくなる頃です。
そして、1月24日(火)、25日(水)頃を中心に、今シーズン最強の寒波が関西地方にもやって来るという予報になっています。
連日ニュースでも取り上げられていますが、日中の最高気温も1〜2度という厳しい寒さをもたらすとされており、
お住まいで想定されるのが水道管や給湯器の凍結・故障などです。

一般的にマイナス2からマイナス4度を下回ると凍結するとなっています。
鹿児島では余り凍結はありませんが、当社の住宅で可能性が有るのはエコキュートの給水側の配管になります。
給湯側はお湯なので凍結の心配は有りません。ご心配でしたら、お湯を少しずつ出されるのが一番対策になります。
水道代と電気代は掛かりますが、エコキュートの修理となると高額な費用が掛かってしまいます。
今回の寒波がどの程度かによります。0度でしたら特に必要は無いと思います。
住宅の建っている場所や風向きなど条件は様々なので気になるようであれば対策をお勧めいたします。

このメッセージをご覧いただいたむてんかびとの皆様には、以下のチェックと対策をおすすめします。

【水道管の凍結防止について】
★水を出しっぱなしにする
水道管の凍結、および凍結による破損を予防するために、
この寒波が来ている期間は家庭内のどこか1ヵ所の蛇口を開けて水を出しておいてください(水道管内の水の流れを止めない)。
一般的には細い線になる程度の水を出しっぱなしにしておくと効果的とされています。

<参考>「水道管凍結防止 3つの対策」(ウェザーニュース)
https://bit.ly/3Xlo022

 


【給湯器の凍結防止について】
★給湯器のコンセントを抜かない
★ブレーカーが落ちていないかチェック
※長期間家を空けるためブレーカーを落としている等の処置をされている方は要注意です。
給湯器は電源プラグを使用している機種であれば凍結予防ヒーターが作動するものが多いので必ず給湯器は通電状態にしておきましょう。
家のブレーカーを落としたり、給湯器のコンセントを抜いていたりすると作動しないのでご注意ください。
(古い機種では予防ヒーターが作動しないものもあります)

※凍結予防についての詳細はお使いの機種の取扱説明書、およびメーカーホームページを必ずご確認ください。
 

記事一覧

1ページ (全74ページ中)

ページトップへ