ページトップへ

ブログ

実を言いますと踏み台を作る時に手が掛かった所があります。

足の部分をテーパー状にしたので天板等を取り付ける際に一人では難しいと云う事です。

足が 真直ぐ立っていないので作業する際に手が2本では足らないのです。

こんな時にどうするかと云いますと作業を楽にする為の補助器具を作るのですが

これを『治具』(じぐ)と云います。

因みに今回の木工教室では参加される方のために治具を作ってあります。

治具の紹介をします。

型を取ります。

サイズを揃える為にカットします。

先に付けた印通りにカットして

組み立てます。

出来上がりです。

こんな感じで使います。

踏み台は作業終了後横に引き出して出来上がりとなります。

治具を作ると難しい作業が簡単に何度も出来る様になります。

今回の秘密のイベントは延期になりましたが

暫く保管してお披露目します。

 

 

記事一覧 | 2019年7月

  • 1 /
  • 2 /

1ページ (全2ページ中)