ページトップへ

ブログ

なかなか梅雨が明けずにいますが、そんな中、

雲の合間を見つけては外部の作業が少しづつ進みます。

 

今日は、そんな梅雨の合間の現場にてお施主様とお話しました。

 

ようやく基礎工事に入ったところで、地鎮祭の鍬入れ・鋤入れの儀の

砂山が残っています。

連日の雨で、だいぶ平たくなっていますが、

中心部にはいくつかの穴があります。

 

ネコちゃんでもきたのかなぁ、

 

と思っていたのですが、

「ほら、来た!」

というお施主様ご主人の指差す先を見ると

見たことのない出来事が起きていました。

 

部長のようにそっとスマホを準備して・・・

 

パシャ!っと撮る予定だったのですが、

取り出す前にいなくなってしまいました。

なので、決定的瞬間、撮れてません。

 

穴の正体は、

スズメの砂遊びでした。。

参考までに、こんな感じ、一羽だけでしたけど。

出典:ウィキペディアの執筆者,2018,「砂浴び」『ウィキペディア日本語版』,(2018年7月19日取得,

https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E7%A0%82%E6%B5%B4%E3%81%B3&oldid=69284464

 

小さなスズメが無心に羽根で砂を掘っている姿はとっても可愛かったです。

 

新しいお家が完成しても、

変わらずにスズメが遊びに来てくれたらいいな・・・

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全26ページ中)