ページトップへ

ブログ

ウッドデッキを作りました。

今回は何時もより大きいので躯体の加工からです。

大工さんに加工してもらいました、この作業を刻み(キザミ)と云います。

この機械は角ノミと云ってほぞ穴(柱を固定する為の穴)をあける機械です。

昔は上棟前に大工さんが一本一本手加工で家の構造躯体を加工していました。

今はプレカットと云って工場で加工されています。

懐かしさで一寸ウルッときました。

これは蟻継の加工です。

梁と梁を継ぐ時に用いられます。

これも一つ一つ丁寧に手加工していきます。

木材に書き込みがされています、これを墨付けと云います。

順番が逆になりましたがまず墨付けをして刻み作業の順番で仕事は進んでいきます。

図面を見ながら寸法を測りどのように刻んでいくのか差し金を駆使して墨付けされます。

これで準備は出来たので次回はウッドデッキを組み立てます。

 

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全34ページ中)