ページトップへ

ブログ

転ぶ瞬間の記憶はスローモションで脳裏に刻まれる、

ご無沙汰してます、チビログ澁江です。

 

37ログにもありましたが、

昨日は上棟応援に行ってきました。

最近、常時営業ルックなので、

作業制服に身を包むと、

なんだか燃えてきますp(^^)q

 

2tトラックに材料積んで現場に乗り込んだのですが、

朝イチ、まさかの大転倒・・・

幸い自分が痛い思いをしただけで、

大工さんも材料も傷つけずに済んだのが

何よりでした。

おまけに転び方もうまかったのか、

周りの誰もが笑いに受け止めてくれる転び方。

どう転んだのかはわかりません。

ただ、

「あっ!」

と思った瞬間から

「大丈夫ですっ」

と言うまでのコンマ何秒、

スローモションで転んで行く自分がいました。

 

さて、

 

先日はGOOOODhomeKagoshimaが扱っている

漆喰と無垢の家「ウッドライフハウス」の

メーカーさんにあたる「無添加住宅」さんの

代理店役員会の皆様が鹿児島視察にお越しくださいました。

 

せっかくなので、

明和モデルハウスにもお立ち寄りいただきました。

 

先にモデルハウスに乗り込んで、

お迎えの準備をしたのですが、

やっぱりイイです。

特に天気の良い日の午後の真っ正面!

ブラックのガルバサイディングが日差しを反射して

渋目のグレーに輝きます。

同じく黒に仕上げた杉板一枚ものの破風も

刻まれた木目をあらわにします。

そして抜けるような青空!

 

明和モデルハウスとは地縄張りから今に到るまで、

まる2年ほど接していますが、

いまだに飽きがきません。

 

それはきっと、

漆喰の補修をしたり、

ウッドフェンスやウッドデッキのメンテをしたり、

無垢のフローリングの汚れやキズの補修をしたり、

事あるごとに、

手間ひまかけているからかもしれません。

愛着が沸くと言うか・・・。

 

お引き渡しのすんだおうちも、

今施工中のおうちも、

これから着工するおうちも、

お住まいになられるお施主様ご家族の皆様から

末長くかわいがっていただけたら

嬉しいなと思います。

 

ちなみに最近気付いたのですが、

明和モデルハウスでご好評の

タモのフローリングや集成材の棚板など、

無垢の自然素材が2年の月日を経て、

なんとも言えない淡いアメ色になってきています。

 

2年という月日をかけて醸し出される雰囲気も味わっていただける

グッドホームかごしま「明和モデルハウス」、

この機会にぜひ、お越しくださいませ!

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全26ページ中)