ページトップへ

ブログ

今日は朝から南薩方面に車を走らせてきました。

向かう先はトロピカルムード満載の観光都市、指宿市。

ケータイナビと相談した結果、

行きは海沿いの道を通って行きました。

喜入の石油備蓄基地を横目に見ながら延々と走らせていたのですが、

この道は高校時代に自転車で走ったこともある道・・・。

車窓から見える景色に懐かしいなぁと思いながらも

お約束の時間がありますのでノンストップです。

 

最初の用事が終わって着工準備中の現場にも寄りました。

 

途中、ふと目を向けた先に見えたのは桜島!

見慣れた鹿児島市街地からの形と違うのでちょっと不思議な感じです。

手前に広がる畑に植えてあるのは指宿特産のオクラかな?そらまめかな?

 

さて、現場が近づいてきました。

この一帯は緑茶の生産が盛んで県内はもちろん、

全国的にも有名な頴娃茶の産地です。

至る所にお茶畑が広がります。

お施主様のお義父様から今年の一番茶をいただきましたが

喉越しに甘みを感じるとっても美味しい味です。

 

現場確認の後は、午後からのお約束に向けてまたまたノンストップ。

帰りは車の試乗レポートにも使われることもある、

指宿スカイラインを使わせてもらいます。

天気も次第に良くなり、窓から入る風が気持ちよかったです。

途中、いくつか展望台があり、桜島をバックに錦江湾も広がるまさに、

絶景スポットがあるのですが、今回は分刻みの行程なので、

ノンストップ・・・と思ったんですが、

今日はブログの日、チビログファンの皆様の為に、

この絶景、一部をお伝えしたく、

2ヶ所だけ停車してきました。

桜島の形もだいぶ馴染みの形になってきました。

さらに走らせていくと、

鹿児島市街地も眼下に見えてきます。

 

鹿児島のシンボル桜島ですが、

県内各地、見る方角で様々な形に見えます。

そんな変化を垣間見ながらの南薩往復でした。

 

漆喰のおうちも、

昼と夜、照明器具の違いや照らされ方で様々な表情を見せてくれます。

 

天気のいい日の真っ白の漆喰もおすすめですが、

照明に照らされた夜の漆喰も、

特に秋の夜長の読書には最適な雰囲気を醸し出してくれます。

 

明和モデルハウス、夜の漆喰壁を味わっていただける

ナイト見学も可能です。

ご興味ある方はぜひ、ご連絡くださいませ!

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全32ページ中)